シンギュラリティは近い

レイ・カーツワイル「シンギュラリティは近い[エッセンス版]」NHK出版[編]

竹内薫「量子コンピューターが本当にすごい」PHP新書

 最近話題になっている新技術について2冊の本を読んだ。正直に言って、内容は半分も理解できないものだった。私のレベルをこえた話で、このような世界が本当にくるのだろうか、と思ってしまう。

 技術的特異点を科学用語でシンギュラリティというのだそうだ。いままで直線的に発達してきた技術が、ある日をさかいに指数的(垂直的?)に発達するという、その境目のことである。エッセンス版では主にAI(人工知能)について述べている。本編である『ポスト・ヒューマン誕生』には、AIのほかに遺伝学、ナノテクノロジー、ロボット工学などの4テーマを扱っているのだそうだ。

 特にコンピューターについては商売がら興味があり、量子コンピューターを少し調べてみた。このコンピューターは従来の0と1のビット(データの最小単位)のかわりに、0でもあり1でもあるビット(量子ビット)を使うことにより、圧倒的な高速化を実現できるコンピューターなのだそうだ。実現までに100年かかると言われていたものが、なんと2011年にD-Wave(128量子ビット)が商品化されたことにより一気に現実のものとなった。2017年9月には東大チームが光子を量子状態にし、100万量子ビットと汎用化への道を開いたのだ。

 新世代量子コンピューターはAIの学習にも大きな影響を与える。カーツワイルの預言である、2045年にAIの知性が人類の知性を超える、シンギュラリティが現実のものになるかもしれない。ようするに、コンピューターのだした答えを、人類は理解できないということだ。

 カーツワイルは予言する。ナノレベルのロボットを人体に移植し、患部を直に治療することは当然のこととし、このナノロボットと脳神経が結合することにより、脳は飛躍的に機能アップする。当然のことながらナノロボットはホストコンピューターとつながり、常にバージョンアップするのだ。脳の記憶は外部に取り出すことが可能になり、VR(バーチャル・リアリティー)の技術でホログラム化された映像と会話も可能になるというのだ。死の概念がひっくりかえってしまいそうだ。

 サイボーグ化することにより、寿命が大幅に伸びる未来は幸福なことなのか?AIか、はたまた自身の脳が判断したかもわからない人は幸せなのか?人の定義が変わってしまいそうな技術の進歩に、倫理は追いつくのか?技術の発達もよいが、とりあえず人類の半分以上の飢えをなくす方策を考えよう。

広告

2017/11/03 プロミネンス

Hα線撮影日時:2017/11/03 10:16 露出1/5秒 iso3200 シーニング:普通、晴薄雲

雲が増える前に、合間をぬって撮影しました。無黒点状態です。プロミネンスは綺麗なものが左に出ています。拡大すると力強く立ち上がっている姿が印象的です。
生暖かい風がそよぎ、すこと気持ちが悪い天候です。

2017/10/28 プロミネンス&黒点群

Hα線撮影日時:2017/10/28 10:43 露出1/6秒 iso3200 シーニング:普通、快晴

東からの風が強く吹いています。台風の一番外側の風の影響でしょうか。生暖かい風です。
プロミネンスは周辺だけでなく、色々な場所で発生しているようです。太陽面の黒いしみはすべてプロミネンスです。昨日活発だった左の黒点は、今日はおとなしくなりました。
『続きを読む』をクリックすると、黒点群の写真がでます。 続きを読む

2017/10/27 プロミネンス&黒点群

Hα線撮影日時:2017/10/27 9:58 露出1/8秒 iso3200 シーニング:普通、快晴

望遠鏡の前を小さな虫が飛びまわっています。ときどき太陽像の中にも飛び込んできます。とらえることが出来れば面白い写真が撮れるのでしょうね。
小さな黒点が二つ見えていますが、左側が活発です。気流の乱れが大きくフレアらしきものも確認できます。プロミネンスも途切れることなく出現してきました。
『続きを読む』をクリックすると、黒点群の写真がでます。 続きを読む

2017/10/24 プロミネンス&黒点群

Hα線撮影日時:2017/10/24 11:14 露出1/8秒 iso3200 シーニング:普通、快晴薄曇

なんやかんや、台風も来て太陽が見えない日々が一週間ほど続きました。台風一過、北海道は函館方面を除き雪が降るしまつです。ベランダの洗濯物を横にずらし、望遠鏡のスペースをつくります。
目立つプロミネンスが見えますが、力強さに若干かけます。やっと小さな黒点群が、赤道付近に二つほど見えています。これも力強さに欠けるようです。
車を入れ替えました。プリウスから、自動ブレーキ・障害物感知センサー・バックカメラなど、安全性能を高めた小型車にしました。プリウスと別れる時、別れをおしむようにかん高くキキーと一泣きしました・・・。
『続きを読む』をクリックすると、黒点群の写真がでます。 続きを読む

2017/10/17 プロミネンス

Hα線撮影日時:2017/10/17 13:23 露出1/10秒 iso3200 シーニング:やや悪、晴

目まぐるしく変わる雲を見ていると、秋なのだと実感します。ゴミを出すかごに錆が出てきましたので、午前中に塗っていました。網を刷毛で塗るのは難しく、スプレー式にすべきだったと若干後悔しています。
無黒点状態です。この状態がしばらく続いているようです。プロミネンスは少し出ていますが、眼視では分かりづらく、カメラの好感度ファインダーを通してみると写真のように見えてきます。
外は寒い!!

2017/10/13 プロミネンス

Hα線撮影日時:2017/10/13 12:54 露出1/10秒 iso3200 シーニング:普通、快晴

9日に塗ったベランダの塗装のにおいがまだ残っています。乾いたと思うのですが、サンダルが塗料にくっつく感じがし、キュッと音がします。このシンナー系のにおいは嫌いではないのですが、早く消えてほしいと思います。
無黒点状態です。プロミネンスは小さいながら全周に展開しています。一つひとつは面白い形をしていますが、大きいのが見たいです。

2017/09/30 プロミネンス&黒点群

Hα線撮影日時:2017/09/30 13:33 露出1/10秒 iso3200 シーニング:やや悪、曇り

午前中は晴天だった空も、撮影時にはどんどん雲が湧いてきました。雲の合い間に顔を出す太陽を狙います。気流も悪く、さらに風も強いときています。4日前の黒点が気になっていて、カメラを向けました。目立つ黒点が3つ。増えもせず、減りもせず夏の大三角形のように観えていました。
『続きを読む』をクリックすると、黒点群の写真がでます。 続きを読む

2017/09/26 プロミネンス&黒点群

Hα線撮影日時:2017/09/26 10:41 露出1/10秒 iso3200 シーニング:普通、快晴

新たな黒点群が2つほど出現しました。Hα線撮影でもくっきり見えています。小型ですが活発なようです。
めっきり秋です。日差しは気持ちが良く、風は爽やか、今日の女心は平穏です。
『続きを読む』をクリックすると、黒点群の写真がでます。 続きを読む

2017/09/24 プロミネンス&黒点群

Hα線撮影日時:2017/09/24 10:11 露出1/8秒 iso3200 シーニング:普通、快晴

太陽の自転のため黒点群はすこし中央寄りに移動してきました。形、大きさも特に変化はなさそうです。プロミネンスはまだ薄いのですが、大き目のが北東に出現しつつあります(左)。最近はカッコいいプロミネンスが出ていないので、ちょっと期待します。
『続きを読む』をクリックすると、黒点群の写真がでます。 続きを読む